年初の相場の混乱はひとまず収まった。パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が利上げの一時停止を示唆したことなどが、市場を悲観から救った。しかし、2019年の日本経済、世界経済の先行きを子細に見ていけば、後半に悪化することは避けられそうにない。識者3人による座談会でその背景や根拠を徹底分析した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。