大きな買収は一段落したので、もう少し細かいところを加速するために、例えば病理、ゲノム解析。この辺りも進んでいるのは米国です。個別化医療の診断で世界一の会社になることを目指しています。少なくとも5年以内ぐらいには達成しないと意味はないですよね。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。