多くの家庭が家計をやりくりして“夢”のマイホームやマイカーを手に入れてきた。平成が終わる今、消費スタイルは「所有」から「利用」へと転換を始めた。また、通信、電気、水道などインフラ産業や公共システムの構造や環境の変化が家計の支出に影響を及ぼしている。本誌記者が自らの価値観や生活をあらわに家計と向き合い、家計リストラの新常識、各種料金の裏側に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。