米国のオバマ前大統領が訪れたことで、一躍世界に名をはせた「すきやばし次郎」の小野二郎。現在93歳だが、今でも毎日付け場に立ってすしを握っている。この希代のすし職人の波瀾万丈の人生が漫画になった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。