世界需要の拡大や高齢化進行を背景に、電機メーカー、精密メーカー、自動車関連メーカーなど異業種企業がこぞってヘルスケア領域に触手を伸ばしている。キヤノンによる東芝医療子会社買収で本格化したヘルスケア争奪戦。次の買収ターゲットとなるのはどの企業なのか。乱戦の行方を徹底分析した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。