「自分たちは日本酒が最高だと思っていたが、世界では全くそうじゃない。そこに悔しさがあった」こう語るのは「醸し人九平次」というブランドで知られる萬乗醸造の久野九平治社長だ。そこで久野氏は驚きの行動に出る。後述するように、日本酒の蔵元でありながら、フランスでワイン造りを始めたのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。