実家の廃業で廃棄寸前のウイスキー原酒を守り、奇跡の復活を遂げた男がいる。2004年にベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)を創業した肥土伊知郎(あくと・いちろう)。自身の名を冠した「イチローズ・モルト」は世界的な賞を総なめし、わずか数年で名だたる老舗メーカーと肩を並べるブランドに上り詰めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。