『すいません、ほぼ日の経営。』は、じわっとした勇気を与えてくれる著作です。ほぼ日の糸井重里社長について私は、何事にも力むことなく楽しげに処理しているイメージを抱いていましたが、本書からはそんな糸井社長が、いつも悩んでいる姿が浮かぶのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。