2018年11月、1本の映画が日本で劇場公開中止になった。タイトルは「MMRワクチン告発(原題:Vaxxed)」。MMRワクチン接種と自閉症の関連を主張したいがために、科学的な誤りを含み、専門家の間で問題視された作品だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。