梵を醸す加藤吉平商店の酒蔵としての創業は1860年。1928年の昭和天皇の即位の御大典で酒が選ばれ、68年には日本で初めて大吟醸酒を商品化した。当主は11代目の加藤団秀(あつひで)さんで、代々続く最高峰の酒造りを継承し、全量を純米造りで醸す。最高精米歩合は20%、平均は35%だ。全てのお酒を1年から10年以上氷温熟成させてうま味が乗ってから出荷するのが特徴。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。