カスピ海沿岸にあるアゼルバイジャンの首都、バクーは5世紀ごろからある古都で、中世の街並みが今も残る。12世紀に建てられた要塞「乙女の塔」は、名前の由来が諸説ある。最も悲しい伝説はこうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。