炭酸飲料を抜いて米国で最も消費量が多い飲み物となったプラスチックボトル入りの飲料水が今、危機に直面している。使い捨てプラスチックに対する消費者の反発や政府の新規制、動物園やデパートなどでの販売禁止を受けて、ペットボトル入り飲料水の主要メーカーが代替容器探しに奔走している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。