オフィスの供給過剰が懸念されていましたが、ふたを開けてみるとさほど影響はありませんでした。人手不足などで施工側の受注総量がそれほど増えず、働き方改革で昔のようなむちゃな工事が減り、それで計画が後ろ倒しになった物件も出ました。そのため、結果的に供給量が平準化されたようです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。