リスク要因を挙げれば切りがありませんが、世界経済の緩やかな拡大は19年も続くとみています。株価を考える際は日本の企業業績の行方が重要ですが、グループの大和総研でカバーする主要210社では18年度が8%、19年度は11%の経常増益予想。日本企業は4年連続の最高益更新が視野に入り、企業のEPS(1株当たり利益)の着実な増加が見込まれます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。