「あの野村さんが最終赤字とは」──。2018年10月末、業界関係者の間に驚きの声が広がった。長年にわたり絶対的な地位を築いてきた証券業界のガリバー、野村ホールディングスが発表した18年4~9月期の連結決算(米国会計基準)で最終損益が60億円の赤字となり、上半期として実に7年ぶりの最終赤字へと転落したからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。