「言った言わないではなく、いつか同じようなトラブルが起きたと思う」。政権幹部がこう語るのは鳴り物入りで政府が設立した官民ファンド、産業革新投資機構(JIC)をめぐるゴタゴタのことだ。とりわけ社長の田中正明らの報酬問題がクローズアップされてからは泥仕合の様相を示した。思わぬ政権内部のほころびは、なお尾を引く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。