京セラを設立して三六年になりますが(編集部注:講演時点の1995年現在)、実際は本日の演題とは異なり、これまであまり戦略というものを組んできませんでした。特に私が社長を務めていた期間には、中長期の経営計画は策定せず、年次計画だけをつくっていました。それは、中長期計画を立てても、自分たちの意志とは無関係な動きをする景気変動など、さまざまなファクターに影響されてしまって、狂いが発生し、それをそのままにして、立てたスケジュールどおりに展開していこうとすると、無理が生じてくるからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。