米連邦準備制度理事会(FRB)の金融安定報告書が11月末に初めて公表され、主要中央銀行による報告書が出そろった。どの報告書も金融システムは総じて安定的との評価だが、民間・政府債務の積み上がりや一部の資産価格の高止まりなど、脆弱な点が部分的に見られるとの指摘もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。