カルロス・ゴーン氏の電撃的な逮捕で、今後は検察側とゴーン氏側の全面対決が繰り広げられることになる。この司法闘争により、日産自動車が返り血を浴びることは避けられそうもない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。