国の研究自体が経済産業省的になっている、文部科学省的ではない。エンジニアリングはまだ経産省的でもいいかもしれないが、ライフサイエンスは息が長い。意外性があり、当たったらでかい。種をたくさんまかなければなりません。大木になるかどうか、種をまくときに分かる人はいません。今の日本は5年プロジェクトが多いのと、基礎研究に種はまくが、肥やしをやっていません。10年くらいやったら少なくとも苗くらいにはなるので分かります。そういう見極めが必要です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。