外国人労働者の受け入れを増やすための出入国管理法の改正に関する国会審議が始まった。「特定技能」という在留資格が新設された。特定技能2号によって、在留期間の更新が可能になるとされる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。