中村氏は、青色発光ダイオード(LED)の発明の対価をめぐり、かつての勤務先の日亜化学工業に訴訟を起こした。2004年1月30日、東京地裁は日亜化学に請求通りに200億円の支払いを命じた(その後05年に、東京高裁で日亜化学が中村氏に8億円強を支払うことで和解)。まさに画期的な判決。裁判には大変な労力と時間、カネが必要となる。これは大きな負担。裁判費用も高額だ。日本の司法制度で個人が組織を訴えにくくなっている原因の一つだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。