家計の所得・貯蓄動向の「見える化」が進められる。政府は、年1回の公表だった可処分所得や貯蓄率(可処分所得のうち貯蓄に回す割合)を、GDP(国内総生産)と共に四半期ごとに公表する方針だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。