渋谷での複数の高層ビル建設など大型再開発にまい進する東京急行電鉄。沿線開発と鉄道事業の両輪で成長してきた同社を4月から率いるのが社長に就任した髙橋和夫だ。前社長である野本弘文(現会長)の“右腕”として約7年間、経営戦略の策定や人事・労務に携わってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。