木村草太、佐藤優、山川宏著『AI時代の憲法論』において、木村氏は、〈この本の発端となった私の着想は、トランプの行動は、「得票最大化のための特化型AI」のように見えるというものでした……〉と述べる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。