雇用や所得の伸びが低く個人消費が緩やかな回復にとどまり、成長率は鈍化する。年末に期限を迎える減税などの景気刺激策のうち延長されるものの規模に、13年の成長率は比例しそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。