マツダがトヨタ自動車と合弁で2021年の稼働を目指している米アラバマ工場。この建設計画は、トランプ米大統領による通商政策を念頭に置いて立案されたものだ。総投資額は16億ドル(約1800億円)に上る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。