建設機械大手のコマツを強くならしめた独自の最適生産方式が米中貿易戦争のあおりを食っている。コマツのサプライチェーンは、一般企業がよく取る単純な「需要地生産モデル」とは一味違う。主要部品は日本で製造するものの、それ以外の部品や完成品は、需要の変動に合わせ、各国の主要工場で融通し合える代物なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。