中国製の通信機器は、米国市場からなんとしても締め出す──。次世代通信規格「5G」の本格的な普及を目前に控え、米国が狙い撃ちするのが、中国の通信機器大手である。まずは4月に中興通訊(ZTE)に対して、米企業との7年間の取引禁止という制裁を発動(7月に解除)した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。