私はハワイで開催された国際会議から帰ってきたばかりでして、少し疲れているのですが、たいへん熱心な皆さんがお集まりになりましたので、この盛和塾の成立の経緯とその趣旨について、改めてお話をしようと思います。今から一〇年ぐらい前でしょうか、京都青年会議所を卒業した若い経営者たちと、たまに夜一杯飲むことがありました。そのときに、「どうがんばったら、稲盛さんの会社のように発展するのですか。何か秘訣があれば教えてください」というようなことを聞かれたのです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。