リーマンショック後、世界経済の回復を牽引してきたのは、中国やブラジル、インドなどの新興国経済だ。しかし、その3カ国とも昨年春ごろをピークに減速が続き、多くの人は困惑している。誰の目にも明らかな通り、先進各国は、バランスシート問題やソブリン問題、高齢化問題を抱え、高い成長が期待できないためだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。