デトロイトの北西部に車で向かうと、地元民のドライバーがこう尋ねた。「ねえ、本当にここで降りる気? この地域、治安が相当悪いよ。一人で大丈夫?」周りを見ると、玄関に板が打ち付けられ、窓が割れ、屋根が抜けた家が並んでいる。2008年のリーマンショック以来、銀行に差し押さえられた空き家が、何年も放置されたままの地域だ。正直、歩くのが怖い、そんな場所だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。