日立製作所が、投資ファンドへの子会社売却も辞さない姿勢で事業の再編を進めている。2017年の日立国際電気の米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)への売却は、「選択と集中」を進める意志の表れとして資本市場から歓迎された。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。