光通信が今年2月ごろから中堅新電力のイーレックスの株を市場で調達し、10月には16.63%を保有する筆頭株主に躍り出た。イーレックス側は、2000年代のITバブル時代に役員を追い落としたこともある光通信のイメージから、「会社を乗っ取られるのでは」と戦々恐々としている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。