今回の景気回復期は2012年12月に始まり、戦後最長に近づいており、雇用情勢の改善も目立っている。18年8月の完全失業率は2.4%と、1993年以来の低水準圏にあるほか、労働市場の需給環境を表す有効求人倍率も1.63倍と、1倍を大きく上回っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。