若き王位継承者であるムハンマド皇太子を旗振り役にして、外資導入をテコにした改革路線(reform campaign)を進めているサウジアラビア。その象徴が同皇太子主催の経済フォーラム「砂漠のダボス(Davos in the desert)」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。