10代のころのレイプ未遂スキャンダルで揺れた米連邦最高裁判所判事の上院による承認がとうとう決着した。10月6日、ブレット・カヴァノー氏(53歳)の就任が、上院の賛成多数で可決された。しかし、ことはこれで終わらず、11月6日に投開票される中間選挙にも影響を及ぼしそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。