秋を迎え、全国各地でインフルエンザによる学級閉鎖や集団感染のニュースがちらほら出始めた。例年師走ごろからインフルエンザウイルスは猛威を振るうようになる。本格的なシーズンを前に、全国の病院で大阪の製薬中堅、塩野義製薬のMR(医薬情報担当者)が早くも熱を上げている。熱といってもこちらは営業活動の熱。「こんな売り込みやすい製品は二度とないかもしれないぞ」と、社内でハッパを掛けられながら。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。