死者4665人、行方不明者1380人、家屋倒壊数2万4736棟(12月14日現在)。未曾有の大災害を岩手県にもたらした東日本大震災から9ヵ月が経過した。震災発生直後から救助・復旧・復興の陣頭指揮を執ってきた達増拓也・岩手県知事に、復興の進捗と直面している課題、岩手県が目指す復興の姿について聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。