21世紀に入ってから、ものづくり大国ドイツに対する中国企業の関心が強まっている。ドイツ経済研究所によると、2010年に中国企業が買収、資本参加のためにドイツ企業に投じた金額は1億ユーロ(130億円)だった。その金額は17年には121億ユーロ(1兆5730億円)に増えた。05年以来、中国企業は196社のドイツ企業を買収した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。