2件の遺産関連裁判の一方、「告発者らvsポーラ美術振興財団」(99ページ下図(3))の裁判も進行中。また、財団では一見不可解な人事が相次ぐ。それらを含め、会社への影響を予想した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。