クラブチームの日本一を決める第43回全日本クラブ野球選手権大会は、9月10日から4日間にわたって埼玉県所沢市のメットライフドームで開催された。連覇を目指す和歌山箕島球友会は、投手力を中心とした堅実な戦いぶりで決勝に進出したが、その背中をひたひたと追うように決勝に勝ち上がってきたのは大和高田クラブ。決勝が昨年と同一カードとなったように、両チームは近年のクラブ野球をけん引する存在だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。