大切なのは組織存続のための方策ではなく、どうすれば立正佼成会の教えが100年、200年先の世代まで残っていけるのかの方策です。その目的のためには、今まで既得権として持っていたものをどれだけ軽やかに手放し、次の形に「再編集」していくかが問われると考えています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。