10月下旬までで、実に約2000便──。ボーイング787(B787)型機の英ロールス・ロイス(RR)製のエンジントラブルにより、7月以降にANAが欠航を余儀なくされた便数である。9月からは、国内線や貨物便にとどまっていた影響が、国際線にまで広がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。