8月10日、「キング・オブ・新幹線」こと東海道新幹線の1日の運行本数が上下線で434本を記録した。昨年より1本多く、過去最高だ。平均して3分に1本以上を走らせる超過密スケジュールをこなせるのは、誕生から54年間、ホームの改良や新型車両開発、ダイヤの工夫など複合的に磨き上げてきたから。そのかいあって平均遅延時間はたったの42秒。これは自然災害による遅延を含む成績なので、平常時は「ほぼゼロ」といっても過言ではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。