飛行機ファン待望の新型機が2019年、登場する。JALがボーイング777の後継機として最大56機を導入するエアバスA350だ。実はJALがエアバスを飛ばすのは、統合した会社が持っていた機材を除けば初めてのこと。目下、急ピッチで準備を進めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。