インターネット、フィンテック、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータといったデジタル技術は経済の起爆剤になるとの期待は高まる一方だ。これらデジタル技術を駆使した経済活動は「デジタル経済」と呼ばれる。米国商務省によれば、デジタル経済はGDP(国内総生産)の6%を占めている。2016年までの10年間で経済成長率が1.5%だったのに対して、デジタル経済は平均5.7%で成長してきたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。