「上手の手から水が漏れる」「千慮の一失」──。古今東西、得意技にこそ落とし穴があることを戒める警句は山ほどある。自他共に認める「外交の安倍」も不覚を取った。ロシアのウラジオストクでロシア大統領のプーチンが主催した東方経済フォーラム。12日に開かれた全体会合の壇上にはプーチンをはじめ中国国家主席の習近平、そして日本の首相、安倍晋三。そこでドラマが起きた。まず安倍が北方領土をめぐる日ロの平和条約問題を持ち出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。