東京医科大学が女子受験生の成績を操作し、合格しにくくしていたことが判明し、各医学部の男女比率に関する報道が熱を帯びている。合格者の男女比で女性の比率が極端に低い学校については、何らかの差別的な取り扱いを指摘する向きがある一方、そもそも女子受験生が少ないのだから女性の比率が低くなるのは当然だとする見方もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。