株式相場でいえば、「地合い」が激変したと言っていい。わずか1週間で首相の野田佳彦をめぐる環境が一変。同時に消えかけていた衆院解散風が再び吹き始めたのである。「地合いの変化」をはっきりと示したのが元首相、森喜朗の突然の引退表明だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。